特集ページの活用法!


ネットショップ運営をしているとどうしても、季節物の商品特集や、セール商品など、おすすめ商品が多くあり、それを全部トップページに掲載していると、スマホの場合、どんどんページが長くなってしまいます。

ページが長くなってしまうと、お客様が本当に求めているコンテンツが、見つけにくくなりページ離脱にもつながりやすくなってしまいます。そんな時に有効なのが、特集ページの活用です。

トップページ→特集ページへの導線を作る!

アピールしたい商品が多くて、トップページが見にくくなる恐れがある場合、それを解消する方法の一つは、
トップページに誘導バナーを配置して、おすすめ商品を掲載した別ページへリンクさせる方法です。

この方法を使う事によって、トップページに配置されるコンテンツが絞られ、トップページがすっきりして見やすくなります。
トップページが見やすくなることで、ユーザーにとって欲しい情報にたどりつきやすくなるので、離脱する可能性も低くなり
転換率アップにもつながります。

また、おすすめ商品を別ページとすることで、トップページ内ではスペースを確保できなかった商品の魅力を伝えるコンテンツを配置できたり、掲載する商品を増やしたりできます。
これによりおすすめ商品の訴求力が上がり、購買につながりやすくなります。

特集ページはセール商品のアピールにもおすすめ

楽天市場やYahoo!ショッピングでは、多くのセールやイベントが開催されており、これに合わせてセールを実施している店舗様は多いかと思いますが、セール商品のアピール方法としても、特集ページの活用はとてもおすすめです。

特集ページ作成のポイント

・セール商品の特集ページへの誘導バナーを、フローティングバナーとして設置

・特集ページのデザインは、デザインを少し変える

・商品画像はなるべく大きく表示して設置した方が、クリックされやすい

SmaLAB.特集ページ機能で簡単作成!

SmaLAB.には、特集ページ作成機能があります。トップページ作成機能と同様の機能が、特集ページとして利用可能です。

セール会場として作るのであれば、スライドバナーとおすすめ商品機能を使い、フリースペースで商品紹介などランディングとなる部分を作り、にぎやかなページを作るもよし、おすすめ商品機能だけを使いたくさんの商品を載せるのもありです。

ヘッダーやフッターは、トップページと同様のものが使えますので、コンテンツを配置・設定するだけで完了です!

特集ページを作成する場合、自分で作成する場合は手間がかかりますが、SmaLAB.を使用すれば、専門的な知識がなくても、簡単に作成できます。
トップページから特集ページに誘導して、ユーザーにとって分かりやすいサイトを作成しましょう!