実は、Yahooショッピングがブルーオーシャンだった!?


 

最近、弊社へのお問い合わせで特に多いのが、Yahoo!ショッピングでの売上が伸びないというご相談。

楽天・Amazonなどで売れる商品が、Yahoo!ショッピングで売れないとのことです。

そこで今回は、Yahoo!ショッピングではどうしたら売れるようになるのか(※初級編です)! 少し掘り下げてみようと思います。

 

 

Yahoo!ショッピングでは、まず2つの○○だけをやりなさい

 

怒られながら仕事するのは嫌かもしれませんが、これも売上のため・・・スパルタにいきましょう(笑)

 

まず、Yahoo!ショッピングは出店店舗数がとにかく多いです。

514,000店舗(2017年5月11日時点 )

なので、例えばAmazonで売れたし、楽天で売れてるし、とりあえずYahoo!ショッピングにも出しておくかとなっても、出しただけでは商品が埋もれてしまいます。

 

よくご相談いただくお客様のページを拝見すると、結構多いのがこのとりあえず感のあるページです。

例えば、スマホページの情報をしっかり入れていなかったり、PC側も販売用情報欄がスカスカの状態だったりと・・・

Yahoo!ショッピング無料化に伴い、かたちだけでも置いておくというスタンスのショップさんが、実に多く感じます。

だからこそ、少しでも工夫して作りこむことで、独自化・差別化になるのです!

 

これだけはやりなさいの2つ

1、埋もれないために → 販促コードを調べて設定を行いましょう

2、スマホ需要を掴むために → スマホページにも情報をしっかり入れておきましょう

 

 

販促コードの設定はマスト!

 

皆さん、Yahoo!ショッピングには無料広告があるのご存知ですか?

意外と知らない方が多いのですが、イベント時にYahoo!ショッピングが用意してくれている無料の広告枠なるものがあります。

 

  確認方法

ストアクリエイターproにログイン > マニュアル > 販促情報

販促セール企画詳細という項目があります。

こちらにイベント情報と無料販促のご案内が記載されています。

記載の販促コードを販売用情報内の「購入情報」に入力します。

これで準備完了です!

 

直近だと、大型イベントとして・・・

プレミアム会員感謝デー(2/22~2/25) がありますね!

 

もちろん必ず掲載できるわけではありませんし
カテゴリによって利用できるできないなど、その時々の掲載条件もあるのですが
無料で大型イベントの一部ページに掲載される可能性がありますので
必ず販促コードの設定はするようにしましょう!

 

また、他モールに比べ手数料が安いYahoo!ショッピングですから、その分をお客様に還元しましょう。

ポイント倍率を上げる、商品価格を安くするですね。

当たり前のことかもしれませんが、お得にお買いものできるほうがユーザーさんも買ってくれます。

実際にヤフーさんが販促のために負担してくれる割合も太っ腹です!

※出典「Yahoo!ショッピング・出店案内

浮いた分の費用を広告に使うといったことも考えられますが、それはもっと売れてきてからにしたほうがいいと思います。

いまのYahoo!ショッピングの場合、ざっくりですが、売れた商品が検索上位にきやすいと考えられますので
商品が売れる好循環をつくることが、間違いなく先決です!

 

 

 

スマホページの最適化!

 

スマホ用の説明欄を入力しておくことも、とても大切です。

Yahoo!ショッピングや楽天などのモールはPCとスマホを別々でつくらなければいけない仕様になっています。

そのため、PCまでは頑張ったけど、スマホをつくる前に力尽きてしまい、コピペで済まされてるケースが結構あります。

ですが、スマホ経由の購入割合が多くなってきていませんか?

購入割合を調べたことがない方は、ストアクリエイターproの管理画面から確認してみましょう!

 

【Yahoo!ショッピングにおけるスマホ経由の購入割合】

※出典「ヤフー株式会社2017年度第3四半期決算資料」

ヤフー決算資料より抜粋してるのですが、「広告関連売上高」「eコマース国内流通総額」の2点で50%を超えてきています。

「eコマース国内流通総額」にはヤフオク!分も含まれるので、完全にYahoo!ショッピングというわけではありませんが
「広告関連売上高」からもわかる通り、スマホの広告を購入してる割合が半分以上なので
多くの企業さんがスマホをターゲットにしていることがわかります。

つまり、スマホ強化はYahoo!ショッピングにおいてもマストです!!

 

スマホ用の説明欄にテキストだけでなく、画像やおすすめ商品などをしっかりいれて訴求しましょう。

その際、画像が切れないよう画像の幅を指定する必要があります。 → <img src=”○○.jpg” width=”100%”>

 

ページ数が多い場合は、根気のいる作業ですが、売上に直結しやすいポイントだと思います。

 

SmaLAB.スマラボでは、これらの作業を一括してできる機能もあります。

 

 

その他にも、【Yahoo!ショッピングの検索対策で意識すること】や【意外とやってない購入後の大事なワンポイント】など、
書ききれていない部分もございますので、Yahoo!ショッピングでの売上アップを検討されている方は、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。

▼お問い合わせはこちらから▼

グリニッジ株式会社 SmaLAB.スマラボ事業部

TEL:03-5510-7260 mail:smalab@greenwich.co.jp

 

 

また、ネットショップの運営に欠かせないシステムを多数、自社開発しご提供させていただいております。

こんなシステムないかな? こんなことってできるのかな? ご興味ありましたら、お気軽にご相談下さいませ。

お問い合わせはこちらから